MENU

Linuxでユーザー追加(adduser/useradd)

2020 3/20
Linuxでユーザー追加(adduser/useradd)

最近めっきり技術系を書いていなかったのでし、Qiitaに挙げるようにしようとしてたけど、やっぱり自分のブログに簡単なことでもメモしていこうと思い、こちらにまとめていきます。

ひと口にLinuxと言ってもディストリビューションによって、勝手が違うこともあります。ユーザー追加についてはCentOSではadduserとuseraddはシンボリックリンクになっていて、違いはありませんが、FedoraやUbuntu、FreeBSDなどでは違いがあります。

さて、今回はインフラ屋的なメモ記事。Linuxでのユーザー追加についてです。

目次

adduserとuseraddの違い

Linuxでユーザーアカウントを追加するときには、adduserとuseraddの2種類のコマンドがありますが、これらの違いについて確認します。

adduser

CentOSの場合は次のuseraddと同じです。Ubuntuなどでは、新規ユーザを対話形式で作成します。adduserによって実行されることは次の4項目です。

  1. パスワードファイルに新規ユーザを追加
  2. 新規ユーザのホームディレクトリを作成(ディレクトリの所有権を新規ユーザに)
  3. 新規ユーザ用の基本的なドットファイル(.login , .bashrc)を設定
  4. システムが冗長化されている場合、自動的にアカウントが同期される

useradd

新規ユーザを作成します。CentOSのadduserはこちらと同じになります。こちらは基本的に対話形式ではないため、詳細をオプションで指定してユーザー追加を行うことになります。オプション指定をしないままuseraddを実行するとアカウントのみの作成になり、ホームディレクトリ等、諸々の関連項目が何も設定されないままになりますので、注意してください。

書式 useradd [オプション] [ユーザー名]

useraddでユーザーを追加する

オプション(CentOSの場合)

-mホームディレクトリがない場合に作成する
※「-m」オプションを指定する場合は、「-k」オプションを指定し、skelをコピーするディレクトリを指定することが出来る
-dホームディレクトリを指定
-eユーザアカウントの使用期限を[YY-MM-DD]形式で指定する
-fパスワードの有効期限が切れてから、アカウントが使用不能になるまでの日数
-cコメントを設定する
-o重複したuidを持つユーザを作成する
-pパスワードを設定する。cryptでハッシュ化されたパスワードを指定する必要がある
-sログインシェルを指定する
-uuidを指定する
-g [gid or グループ名]主グループを指定する
-G [gid or グループ名]主グループ以外のグループに属させる場合に指定する
複数指定は「,」区切り

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

りょま

本職:教える人,スキル:プログラミング,趣味:音楽

コメント

コメントする

目次
閉じる