【ガジェットレビュー】MacBook Pro 2018 15″

さて、ついに買ってしまいました。

MacBook Pro Late2018 15″

といっても、購入から半年以上経つんですが、逆に半年使ってみての感想ですね。

スペックはSSD以外特盛のRadeon Vega 20モデルです。

MacBook Pro 2018 15″

CPU: Intel Core i9 8950HK(Coffee Lake) 2.9GHz – 4.8GHz

SSD: 512GB

Memory: 32GB

Graphic: Radeon Pro Vega 20 4GB / Intel UHD Graphics 630 1536MB

常に持ち歩いてもそんなに苦ではない

実際に使ってみて、これまでMacBookは、MB 13″(初代White)、MBA11″、MBA 13″、MBP 13″と乗り継いできたが、15″は初めて。

もっと重いのかな、結構邪魔かな?カフェで開くと威圧感すごいかな?など心配してました。

でも、使ってみると、意外とそんなこともない。重さについては決して軽くはないが、もともと何かしらMacBookを背負って移動していた身(11″時代は院生だったので、iPadにレジュメいれてそれも持ち歩いていたので合計は似たようなもの)なので、これまでと比べるとそんなに重くなった気はしない。

また、新型のMBPは光学ドライブもないし、非常に薄型になったので、サイズに対してはかなり軽くなっているように思う。

USB-C統一化はもっと評価されるべき

もう流石に抵抗がある人も少なくなり始めているとは思うが、USB-C端子に全てが統一されて、A型やMini Display portの廃止、Magsafeの廃止などはいろいろ言われている。

でも、これ、英断ですよ。

頻繁に外部に何か繋ぐ人はケーブル一本購入しておけばいいだけだし、そもそも抜き差しツールは減らす方向が一番健全なんですよ。

で、何より個人的に一番気に入っているのは、“汎用充電器”が使えること!

私はAnkerが好きなのでAnkerの30W充電器(PD対応)を持ち歩いています。ケーブルの長さも短めの長さを購入したので、充電器の軽量化が図れたことが大きいですし、家、オフィス、持ち歩きと安価に3カ所分の充電環境を揃えることができたので、充電器忘れたとかもないんです。(しかもNintendo Switchと共用までできてしまう強者!)

これ、結構便利ですよ!

アクセサリ

リュックはこれにしました。しっかりと守ってくれるし、他にもいろいろ入る。容量が大きくて、スタイリッシュです。

NIID UNO Ⅰ

あと、僕はMacBookの背面にスタンドが欲しいので、BlueloungeのKickflipっていうのを付けています。これもスタイリッシュだし、放熱にも一役買うし、膝の上で作業するときにもなかなかいい!

Bluelounge Kickflip

ri2lab
  • ri2lab
  • 本職:教える人,スキル:プログラミング,趣味:音楽

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください